Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GU-1000T Windows7で動作しました

 前に書いたように調子が悪い、Windows7RC(32bit版)を入れたリビングのPCですが、LANの調子が悪いのはどうもおかしいです。問題の切り分けをするために、LANを別の方法でつないで見ることにしました。
 「USBマンセー」(笑)な私は、こんなものも持ってます。

【在庫あり(15時注文迄当日出荷可能)】 PLANEX GU-1000T / 1000BASE-T ギガビット USB LANアダプタ GU1000T
Planexのサポートページから、Vista用のドライバを入れてあっさり動作しました。比較的大きなファイルをコピーしてみると、「タスクマネージャ」で見る限り、スピードは、250Mbps近くは出てるみたいです。USB2の理論的限界が480Mbpsですからまずまずいいと言えるでしょう。
WOLもちゃんと動作します。すばらしい。

デバイスマネージャで見てみると、ASIX AX88718というICが使われているようです。バスパワーで使うには少し不安を感じるくらい暑くなるのも、ギガビットLANのPHYは外付けなら仕方ないのかもしれませんね。ASIXのサポートページにはLinux用のドライバりますね(試してないけど)。ATOM搭載のマザーボードはNICは100Mbpsの物が多いので、1G化にはいいかもしれないです。

 


で、肝心のWindows7の調子ですが、問題なくなってしまいました。最終判断を下すには、もう少し様子を見る必要がありますが、もう少しこのまま使ってみます。

 

さて、なぜマザーボードNICが調子が悪いのだろう?NICが壊れてる。ケーブルが腐ってる。ハブの該当ポートが死んでる、のいずれだろうか?A/Vラックの裏に回るのは面倒くさいので、今日はここまで。。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/710-f13a7035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。