Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想化、VirtualBox、そして驚愕の結果(大笑)

ここのところBlogの更新が滞っているのは、録画PCでのSTBの制御ではまっていたためなのですが、こちらは一応ひと段落つきました。おかげで秋の番組改編に伴う特番の嵐もなんとかこなせそうです。

仮想化に関しては、ちょうど一年位前に一応の結論として、VMPlayer(今は2.6を使ってます)が私にとってはベストとということになりました。仮想化を使いたい理由はいくつかあり、それぞれの目的に合わせて別々の仮想化技術を使うのがベストですが、いちいち違うことを覚えるの億劫なので、まあせいぜい1つか2つに絞りたいですね。現状VMPlayerに関しては、性能が遅いこと以外はほぼ満足してます。
 仮想化の技術も進歩が早いので性能面を主にちょっと調べてみました。まずは、SunのVirtulBox(今回はv.3.0.6)です。去年調べたときは、USBの使用がイマイチ以前でボツでしたが、かなり改善しているようです。マニュアルがちゃんとしていてよいですね。ざっと目を通すと、linuxで使う場合Headless(ここでは「Xwindow無し」の意。本来は「ビデオカード無し」と思う)でも使えるようです。ということはサーバー版のLinuxでも使えそうです。

早速試してみます。今回は、ホストはXP(MCE2005)+SP3,ゲストも同様です。ベンチマークは良くわからないので、CrystalMark2004R3を使いました。ホストの構成はC2D6600+G965+メモリ1Gです。ゲストには 399MBメモリを割り当てます。1CPU、2CPUの結果です。
1cpu
1CPUの場合

2CPU
2CPUの場合

なんか、2CPUのALU/FPUの性能が1CPUに比べ極端によすぎますね・・・ホストOSでも測ってみます。
hots_PCU
HostOSでの結果(2CPU)

orz

やっぱり、ホストOSで測るより結果がいい。さすがにこれはありえないので、別の方法でベンチマークするしかなさそうです…



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/713-6aacaa9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。