Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しかたないので、AACを別録音する その9 -『題名のない音楽会』でハマル

一週間ほどの出張でしたが、WOWOWでPixar/Disney特集があったためもあり、結構な録画容量になってしまいました。
「WALL・E」は初放送だと思います.Pixarの昔のショートフィルムのHD放送はちょっとうれしかったです(日本語吹き替えなのはご愛嬌)。QuickTimeの解像度の低いものはPIXARのWebページで見れますけどね..
ルーカスフィルムの1部門だった時代の、「ウォーリーB」とかは、タイトルロールにCray X-MP/48とか、Project ATHENA(「X Window」とかね。)とかがでてきて時代を感じさせます。

それやこれやで、サラウンドの放送分のAAC 5.1chの処理をやって、「倉庫」HDDにコピーをして、とかで結局半日近く潰れてしまいました。


それはともかく、「題名のない音楽会」です。まあ、黛敏郎はワタシとしては「あれ」でしたが、現代曲とかも取り上げたりでそれはそれでよかった。知らない間に佐渡裕が司会になってんのね…録画したら、こんな具合に.tsファイルが細切れになってしまいました。 orz


untitleList

 

なにかトラブルなのかと、各データをみてみると、番組構成がおおむね次のようになっていることがわかりました。(前後約1分ほど余計に録画しています)

CM(前の番組からの流れ) PCM 音声
番組タイトルロール      AAC 5.1ch
CM               PCM
番組本編           AAC 5.1ch
CM               PCM
番組エンドロール       AAC 5.1ch
CM(次の番組)        PCM

という感じ。タイトル/エンドロールは30秒くらいとごく短いのですが、S/P DIF経由の音声のフォーマットが変わってしまい、そこでファイルが切られてしまった、ということのようです。本編中にCMが入らないのはさすが、一社提供番組と思いますが、いまはそんなことはどうでもかまいません。

S/P DIF経由で録音した、.wav形式のファイルをAudacityで開くと以下のようになります。

untitledWave
信号レベルが振り切って見える場所がAAC 5.1chの部分と考えれば、上記の推察は正しいようです。中央の本編部分のみwavファイルの編集ソフトで切り取ってカット編集しました。WAVから、aacの部分を抜き出すのは、ext_bsが正確におこなってくれるので、若干前後にPCMの部分が残っていても問題ありません(要は編集店には神経質にならなくてよろしい)。

カット編集後、maac51.rbでマージ作業をしてみたところ、出来上がったファイルは映像と音声とマージはちゃんと行われました。 

なお、.wav形式の編集ですか、どうもaudacityが(少なくともデフォルト設定では)「ビットアキュレート」な編集ではないみたいです。多分、設定を正しくすれば問題はおきないと思いますが、今回はhttp://www.cycleof5th.com/の SoundEngine Free(4.51)を使いました。このソフトはイコライザとかの機能もありますが、もちろんそういったものはすべて、off(デフォルトではoff)のまま作業をする必要があります。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/742-547f56e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。