Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XPの認証のモラトリアム

ヒートシンクは週末に完成したのだが、取り付けてテストする暇がないままになっていた。やっと取り付けててテストしようとしたら、インターネットでの認証の猶予期間(30日)が過ぎてしまい、ログオンできない。今回のようにちんたらシステムを組んでいるとこういうことになる。再インストールを行なっているが、結構時間がかかるのはご存知のとおり。とくにMCEでは途中でディスクの入れ替えも必要だ。追加のヒートシンクの効果はほぼ問題ないはずだが、念のため、共締めした元からついてきたヒートシンクに付属のFANを廻しての作業である。OSが起動しないとSpeedFanでコア温度を確認することができなのだ。
ちなみに、XPの認証に関しては、執行猶予のための方法がある。sysrepというXPに付属のソフトを使って再シールをするとその時点からさらに30日間認証を執行猶予できるのだ(詳しくはここを参照)。本来、このソフトは企業等のIT部門で大量にOSをインストールする際の手間を軽減するためのものである。もちろんこのソフトによるモラトリアムは無限に使えるわけではなく、3回までしか再シールはできないようである。厳密にはEURAに抵触するかもしれないので、自己責任でどうぞ。
というわけで、今日はインストーラを動かしたままだが、もう寝る。
----
本日の御託
顧客との打ち合わせのために、西へ出張。Tablet PC(NEC VJ11F/GL-R)のバッテリーがからっきしもたないことは以前書いたとおり。スペアのバッテリ(4セル)も持ったが、負荷の思いソフトを動かしていたら、行きの新幹線のなかで使い切ってしまった。顧客のサイトで、打ち合わせの間バッテリの充電をしたが、電源ONの状態ではいくらも充電できなかった。帰りの新幹線に乗ってみると15Aの席が空いている。掃除機用のサービスコンセントを拝借しようと、速攻で移動したが、なんとコンセントの形状が通常の100Vとは違う。昔の0系は普通のコンセントだったのにぃ~!(今回は700系)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/76-c49f4d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。