Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TabletPCのハードディスク

MediaPC用のハードディスクだが、電源とCPUを完全にファンレスにすると、2.5インチでも音が気になることは前に書いた。
私のTabletPC(VersaPro VJ11F/GL-R)のHDDは20G(フォーマット後は18G)である。ちょっと、少ないので換装して空いたHDD(1.8インチ)をMediaPC用にしようという魂胆である。「デバイスマネージャ」からHDDを見てみると、東芝のMK2004GALだ。1.8インチのHDDは厚さが5mmのものと8mmのものがあるのだが、案の定5mmだった(TabletPCの本体の厚さは11mmだから当然である)。5mm厚のモデルとなると東芝しかなく、MK4007GAL(40G)、MK3006GAL(30G)、MK3008GAL(30G)となるが、どうせ増やすなら40GのMK4007GALだよね~。ふむふむ、世界初の垂直磁化方式なのね。東芝は昔から垂直磁化をやってるな。そういえば、もう25年位前だが東芝が、20Gのフロッピーディスク(8インチ)をエレクトロニクス・ショーかなにかに、参考出品していたな。やっと実用技術として日の目をみたということか....
が、MK4007GALをweb上で探しても売ってない。Gigabeat F41専用みたいだ。5mmのHDDはVAIO TypeUとかにも使われていて、Gigabeatをバラして入れ替えている剛の者もいるな(この人とかこの人)。う~む、じゃぁ、Gegabeat F41っていくらなのよ。って、もう生産終了になってるじゃん!Gigashotとかも見てみたが、ほかに40Gの5mm厚のHDDを使っている製品は見当たらない。ということは、MK4007GAL自体が生産終了ってこと?たのむよ~、東芝。
あっさり、挫折。
しょうがない、TabletPCはHDDのパーティションを切り直す事で当座しのごう。
MediaPCは、2.5インチで行くことにする。本当はSATAにしたいのだが、2.5インチのSATAはPATA(普通のATA、SATAに対して、Parallel ATA=PATAという)に比べかなり割高なので、いま持っているPATAで我慢する。3.5インチ用には市販の静音化用ケースがあるが、2.5インチでは見たことがない。使い道のないアルミ板が余っているのでそれで作るか...
-----
本日の御託
近所のダイエーの看板のところに、足場を組み始めた。CMで盛んにやっていたロゴの変更をやるのだろう(ちなみにあのCMの撮影場所は我が家のそばの店である)。まあ、何か考えがあってのことなのかもしれないが、なんでロゴを変えることを決めてからすぐにやらないのかねぇ。イトーヨーカドーは本当に速攻で看板付け替えてた。うがった見方かもしれんが、窮すれば鈍す、と感じるのはオレだけか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/78-8cfe497f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。