Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花筏

201104出勤途上にて

だんだん過ごしやすい気候になってきました。女性のスプリングコート姿はなんとなくいいものです。

大相撲は歯切れの悪いまとまり方になってしまいました。相撲と八百長というか、人情相撲というのは昔からあったと言われています。
「出来レース」というような言い方がありますが、語源は相撲の「出来山」からきているとか。。。

「出来山」をとってなおかつ客に喜ばれて一人前、なんてのも。
落語の中にも、八百長相撲のハナシはあって、私は「花筏」というハナシが好きです。

川の堤防に桜の木がよく植えてありますが、江戸時代に堤防の普請をしたあと、当時は機械はありませんから、人が踏み固めていたのですが、花見客が集まり、踏み固めるよう、桜の木を植えただそうです。

で、水面に移る桜の様子を、たとえて「花筏」と言うのだそうです。

 



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/808-f8b4695f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。