Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bose901のイコライザー1段目その4

901_1e2IdealAmp
(クリックで全体像を表示)

今回はイコライザーの一段目のフィルタの特性の特性に関してです。
前回の結果から、1段目のフィルタを、LTspiceのE素子(Voltage Dependent Voltage Source)を使って書き直しました。E素子は、Laplace=式で伝達関数を直接書くことができますが、今回は単なる増幅器なので、前回のシミュレーションの結果、0.94dB≒1.1143を入れています。

CRの部分がポイントなのですが、この回路のC2の左側を入力ではなく、GNDに接続すると実は有名なSalen-Key型のローパスフィルタです。

上図のように、ノードVf、Vpと名前をつけて、オームの法則とキルヒホフの電流則で解いていけばいいのですが、正直大変です。Salen-Keyフィルタの結果はweb上でいくらでも見つかるのですが、結果ではなく途中経過を示しているものはなかなか見つかりません。やっと、TIのアプリケーションノートを見つけました。
これを参考に解いて行きたい思います。

前回へ 次回へ

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/819-fe549a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。