Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Für Elise ~エリーゼを買おうかな、と迷っているあなたへ~


財政状況が許すなら、買いなさい。あなたの人生を変える何かになるかもしれないから。

峠道を、ひらりひらりと駆け抜けて行く自分に憧れるなら、Phase1の中古をおすすめします。私の世代(51歳)にとっては、今のPhase3は「ライトウェイトか?」と問われれば、正直疑問だから。ただし、ローバーのKエンジンは、そろそろ部品もヤバイから、それも覚悟の上で…
中古で、手頃なものとなれば、Phase2のRモデル。試乗したのは。これだったのだが、正直、自分の腕で振り回し切れるか自信が無いレベルだった。本当は、今回購入するつもりだったのは「素」のEliseにする予定だった。
新車で買うなら、Isotope Greenという、本当の限定塗装色が、そろそろPDIを通るはずです。

考えてみたら、自分の車を買うのは、ほぼ25年ぶりになる。最初の車はFiat X1/9だったので、ミッドシップ、2シーター、オープンの「操」は守ったことになる
(下駄用の97年式カローラ・スパシオは、名義こそ私になっているが、家内の車で、私はショファー兼メンテ担当)。諸事情により、5年くらい乗って手放したが、新車で手に入れられるなら、今でも欲しい。

今は、本当に嬉しいっていうか、晴れ晴れとした気持ちだが、正直初めてX1/9に乗った時の感動を超えるかというと、少し疑問だ。ユーミンではないが、「初恋無くして、もう恋はみんな同じ」。

写真は、エリーゼの購入にあたって、ゴミ溜めになっていた車庫を3日がかりで、片付けていたら「発掘」された、Au Bon Climat “Why?” ’97。一時期、カリフォルニアワインに凝っていて、多分6~70ドルしたはず。いまは、カリフォルニアワインもover achievedだと思うので、すっかり熱はさめてしまったが、いや~、シャルドネを16年も寝かしといちゃいかんだろうってことで、エリーゼの納車祝に開けた。
思っていたほど劣化はしてなかったが、シャルドネにしては、甘いワインだった。
Here is looking at you, kids.



2013/11/23
誤字を訂正。Au Bon Climat = 「良い風土の」、というような意味かな。英語だと、of good climateかな。オソマツ

テーマ:愛車 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/825-4d99017b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。