Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Für Elise ~ドライビング・グラブ~

Shift_nob

払暁の中、男は苦しそうに身を捩り、その車に乗り込んだ。
シートベルトを締め上げ、キーを回す。
燃料ポンプのジーッとした音、警告灯が光り、その男の顔を闇の中に映し出す。
数秒の後、ポンプの音は止まり、イグナイターの小さな音を残し、再び静寂が訪れる。
スタート・ボタンを押すと、轟音と共にエンジンは目をさます。
男は、やおらクラッチを踏み、シフトノブに手を…って、冷てーよ。アルミの削り出しのシフトノブ冷てーよ。まだ、秋だってのに…冬になったらどうすんだよ。こっちは意地でも幌を開けたまま乗ろうと思ってんのに…(年寄りの冷や水である)
そんな、ハードボイルド調が台無しな話を家内にしたら、
家内「あれだ、ドアのノブにつけるカバーどう?」
家内「なんだったら、毛糸で編んであげようか?
家内「クリスマスプレゼントにしてあげようか?((笑))」
丁重にお断りの上、ドライビング・グラブ買いました。冬はマジ実用品。

ここのところ、少しでも慣らしを早く終わらせようと、5時半過ぎから、近所を軽く走り回ったりして、やっと630Kmくらいまで距離を伸ばしました。家内は完全に呆れてますけど…
エンジンスタート時には、オートブリッパーが働いて、一瞬2500回転くらいまで吹けあがります。
なんつうか、「嬉し恥ずかし」な演出なんだが、早朝にはちょっと、近所迷惑かも…。

テーマ:愛車 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/832-53eb6fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。