Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Für Elise ~ヒール・アンド・トゥ(6)

Pedals
続きものです。その1からどうぞ。

ブリッピングを伴う、シフト・ダウンその5
安全な場所で実際に車を走らせながら、シフトダウンをしてみます。この時気をつけなければならないのは、エンジンのレブ・リミットです。タコメーター上にレッドゾーンや、諸元表に最高回転数が書いてありますね。
シフトダウンの時にこれを越えてはいけません。タコメーターを視界の隅で確認しながら、シフトダウンします。ブリッピングをする際に、ニュートラルにするだけでなくシフトノブを2速(4速→3速の場合は3速)に軽く当てた状態(ギヤを「ガリガリ」させてはいけません)でブリッピングをすると、回転が合えば「スコッ」っとギヤが入ります。タコメータの動きには多少遅れがあるのが普通なので、エンジン音で判断できる様になりましょう。
 クラッチをつなぐ動作は、理想的には「スパッ」と繋ぐのがいいのですが、私は半クラッチを使ってもいいと思います。回転があってなければ、一瞬車が「ピョコタン」としますが、衝撃はスパッと繋ぐほうが大きく、ドライブトレーンへの負荷も大きいです。ただ、半クラッチを多用すると、クラッチを交換する羽目になります。
 この一連の動作を、あらゆる速度で、2速→3速、4速→3速(あるいは他のギア)でできるように練習します。練習あるのみですが、ある程度できれば十分です。各動作を確認しながら、ゆっくりやるより、ある程度リズミカルにやった方がやりやすいように思います。

次へ


テーマ:愛車 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/864-b18f3473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。