Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Für Elise ~ LEGACYにちぎられつつ、X1/9に再会

先週の週末の話ですが、エリーゼで山梨の都留市から道志に抜ける県道24号線で恐ろしく速いレガシーワゴンにちぎられました。こっちもそこそこのペースで走っていたのですが、気が付くと後ろから速い車が…。

先に行かせて着いて行こうと思ったのですが、向こうはコーナーごとに4輪ともタイヤを「ギャリギャリ」鳴かせて行きます。後ろからついていく方が圧倒的に簡単なはずですが、だんだん離されます。ちょっと悔しいので、ABSにまかせてブレーキングをだんだん遅らせたりして、すこし頑張ってみました。お陰で、だいぶエリーゼの車の挙動を知ることができました。

もともと、フロントに荷重を載せないと、アンダーが強く、ただ「ハンドルを切って、コーナーの出口でアクセル踏んで」をやっていると、プッシュアンダーが強いところまでは、判ってましたけどね。

2速でコーナーを回ろうとすると、コーナリング中にレブリミットまでふけてしまいますし、3速だとパワーバンドを外れてしまい、加速が鈍ります。

コーナリングスピードそのものは、こちらのほうがやや速い感じですが、脱出の加速は、ギヤ比のまずさも手伝って、4WDにはちょっと及ばない感じ。コーナリングの出口で、軽く「オツリ」が来るのは以前にも経験していたのですが、今回は立て続けにDSCに介入されてしまいました。DSCはスピンモードに入ってしまうのを防ぐために、主に前輪外側にブレーキを掛けるとともに、エンジンのリターダーも働くようで、車速がガックリ落ちてしまいます。まあ、おかげでスピンを防ぎますし、盛大に「オツリ」を食らうこともありません(注、シリーズ3はLSDがオプションでもつかないし、今のところ社外品もないみたい)。

DSCに介入させないためには、「もう少しコーナリング中のスピードを上げ、コーナーの出口でのステアリングの戻しを早く、アクセルを開けるのを遅く」すればいいのかしら?とか、考えましたが、あまりにリスキーなので、諦めました。

前にも書きましたが、ギヤ比は4~6速がクロース過ぎなので、3~5速をもう少し遅くして、全体にクロースにして欲しいです。また、正直フロントタイヤは1サイズ上げたほうがいい感じですし、SCモデルの様にDSCの介入を遅らせるSWがほしいと思いました。本国には、スーパーチャージャー付きのElise Sにも、SCモデルの設定があるのですが、日本には輸入されていません。もちろんDSCを切ることはできるのですが、さすがにその勇気はないな…。

まあ、レガシーワゴンとはいってもマフラーも変えてましたから、「走り屋さん」ですね。

 

それはともかく、宮ヶ瀬湖のあたりまで戻ってきたら、駐車場にX1/9が止まっていて、あまりの懐かしさにちょっと止まってパチリ。

X19

色も昔私が乗っていたのと同じ、Rosso Arancioという色です。ソリッドカラーの単色、バンパーが黒塗り(私のはアルミ地金のシルバー)、ラジオのアンテナが右側(同、左側)、ミラーが左右対象(同、非対称)、サイドプロテクター無しなので、81~2年頃のFIATの最後期のモデルでしょうか?ホイールは、クロモドラかな?たぶん、オリジナルではないですね。

一緒に写っているのはFIAT124スポルト・スパイダーと、E12のBMW5(ミラーの形状から前期型でしょう)。見切れてますが、この他にベレットGTが2台いました。旧車のグループなのでしょう。

この中ではX1/9は一番若い子にはなりますが、さすがガンディーニ・デザイン、よくもわるくもクラッシックな味わいに欠けるというか、「突き刺さった」デザインです。

X1/9はエンジンさいてー、ボディーはユルユルなのですが、足回りは意外に正確で速かったです。たぶん下りならE12より速いんじゃないかと思います。

いろいろ、懐かしい思い(笑)がこみ上げてくる出会いでした。

テーマ:愛車 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/883-e8364764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。