Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bose 901のイコライザー、解析のまとめ

実際の回路にまとめる前に、解析結果をまとめておきます。オリジナルの901のイコライザーには、Mid-Low,Mid-Highのトーンコントロール、サブソニックフィルター(On/Off)があるのですが、VRは中点、サブソニックフィルターはoffで解析しています。

 3段のフィルタのうち、2段目は周波数特性に荒れていることがあり、オリジナルの回路をちょっといじったりした結果、これは「設計者の意図ではない」と判断しました。また、1段めは、入力カップリングコンデンサの影響で、超低周波域のゲインが落ちています。解析上はこれもエミュレーションしています。

 その結果が以下の回路(というか伝達関数の羅列ですが)になります。

 

clip_image001[18]

 

Screen clipping taken: 2014/08/24 14:29

LTSpiceの回路データも置いておきます。シミュレーションを実行する場合は、V1を「IN」に接続して実行してください。周波数特性が得られます。これで、オリジナルの回路との偏差は、750mdb以下です。

 

 実際の回路にする場合は、E102E203,E204は無視するつもりです。

各フィルターの伝達関数を書いておきます。

フィルター1

clip_image002[18]

clip_image003[18]

            1326.11109272 [Hz] clip_image004[18]

 

フィルター2

clip_image005[18]

clip_image006[18]

clip_image007[18]

     F2LPFt0の周波数は、117.892574965 [Hz]。

     F2HPFt0の周波数は、31206.858079[Hz]

 

フィルター3

 


clip_image008[18]

clip_image009[18]

clip_image010[18]

F3HPFOmega0の周波数は、32.4278264014[Hz]

F3LPFOmega0の周波数は、15350.4974548[Hz]

 

角速度と時定数がごちゃまぜになってますが、容赦。

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/895-43947526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。